成都地所の想い・理念
歴史・実績

CORPORATE VISION 成都地所の想い・理念

本来の不動産業のカ・タ・チを求めて
不動産業の起源は中世の西欧だと言われています。
当時、王様が臣下に土地を与えたのですが、戦争で亡くなった臣下の家族が路頭に迷うのを防ぐため、土地を管理して収益を上げる役割を担ったのが不動産業の始まりと言われています。
一家の主を失ったら何の保証もない時代です。
遺族は、信用も知恵も力もある歴史に名を残すほどの人物に不動産の管理運営を委託しました。
その伝統を受け継ぐ欧米では不動産業社の地位は総じて高く、勿論、医者・弁護士よりも高く、
大規模な開発を請け負いました。個人の財産から一国の方向性まで担うわけですからよほどの信用と知恵と実力がなければやれないのが本来の不動産業です。
西欧では本来の不動産業社による大規模な開発の成果として一様な美しい街並みができたとも言えるのです。
確かな「知恵」と「実力」をもってつき進んでいくのが私たち「株式会社 成都地所」の使命です。
代表取締役社長 福間 直樹
不動産業社に本来求められるの、それは、絶対的なお客様の人生を思うエネルギーでしょう。
不動産の起源がそうであったように、『お客様の人生を守る』のが不動産業社の使命です。
私自身、実家が競売で売られた経験がありますので、不動産の販売に携わる人々は、
ただ家を買ってもらえばいいと考えるのではなく、お客様の人生を預かっているという自覚が必要だと考えています。
一生の長い人生を考えた提案が必要だと考えているのです。
そのため、弊社では、住宅ローンを支払っている間のライフプランシミュレーション相談会を必須の相談会としてお客様のサポートをしています。
どうしてこんな手間のかかることをやっているの?とよく言われますが、お客様にとって家は一生の買い物なのです。
だから社員全員当然だと考えて行っています。老後までお金で困ることがない生涯安心な人生設計をお客様と納得行くまで行っています。
弊社の社員は『お客様想いのメンバーばかり』だと自負しています。
お蔭さまで、毎年扱い高が増え、従業員数も青森津軽地域で不動産建設業を営む会社としては最大規模になりました。
しかし、私たちの挑戦はまだまだ続きます。
「本来の不動産業のカ・タ・チとは何か?」その答えに向かってつき進んでいくのが、私たち「株式会社 成都地所」の使命です。