家づくりお役立ちコラム column

Vol.001 人にとって快適な住環境とは?

一覧に戻る >
住まいの快適性を左右する重要な要素は、室内の温熱環境です。夏は涼しく、冬は暖かく、そしていつもクリーンな空気を保つようにします。特に冬場は、部屋間の温度差、上下の温度差をなくし、身体への負担を少なくすることが大切です。
 
浴室やトイレ等の極端な寒さは、お年寄りには特に危険。暖かい部屋から寒い部屋への急激な温度変化で、血圧が急変動したり、脈拍が速くなったりすることが原因となり(ヒートショック)、脳卒中や狭心症などを引き起こすケースもあります。
 
また、暖房(エアコン)を使用すると暖かい空気が上に上り、足もとが寒くて頭がのぼせるといった状態になりがちです。「頭寒足熱」(頭は冷ややかに、足もとは暖かく)が健康に良いとされる人間のからだにとっては、これも大きな負担となります。このように、住まう人の健康を守るためには、住空間全体を快適な温度に、ほぼ一定に保つのが理想的であると言えます。
 
住まいの快適性を左右する重要な要素は、室内の温熱環境です。夏は涼しく、冬は暖かく、そしていつもクリーンな空気を保つようにします。特に冬場は、部屋間の温度差、上下の温度差をなくし、身体への負担を少なくすることが大切です。
 
浴室やトイレ等の極端な寒さは、お年寄りには特に危険。暖かい部屋から寒い部屋への急激な温度変化で、血圧が急変動したり、脈拍が速くなったりすることが原因となり(ヒートショック)、脳卒中や狭心症などを引き起こすケースもあります。
 
また、暖房(エアコン)を使用すると暖かい空気が上に上り、足もとが寒くて頭がのぼせるといった状態になりがちです。「頭寒足熱」(頭は冷ややかに、足もとは暖かく)が健康に良いとされる人間のからだにとっては、これも大きな負担となります。このように、住まう人の健康を守るためには、住空間全体を快適な温度に、ほぼ一定に保つのが理想的であると言えます。

 

2016.05.13

一覧に戻る
PAGE TOP